電車に乗っている時間を利用して本を読むこと

私は読書が好きです。ですが、家ではあまり本を読もうという気分にはなりません。
家にいるとテレビやパソコン、昼寝などいろいろな誘惑があります。それに加えて、家にいるときには家事や勉強など、やらないといけないこともたくさんあります。
だから家にいると家でしかできない他のことがしたくなります。だから私は家では本を読みません。本は移動時間に読むと決めています。
私はどこかへ出かける時、電車を利用します。電車移動している時間の良いところは、家に比べて誘惑が少ないことや、しなければならないことがないということです。
電車に乗っている時の誘惑はスマートフォンくらいです。
スマートフォンをいじる前に本を取り出して読み始めてしまえば、電車に乗っている時間読書以外にすることはなくなります。
電車の中は適度な雑音がある状態で、静かすぎずうるさすぎず、本に集中できる環境です。
しかも移動時間に本を読むことでスマートフォンをいじる時間が減り充電が減るのを防ぐという思わぬ利点もあります。
最近の人は昔に比べて本を読む量が少なくなっているといいます。移動時間を利用して読書の時間をこれからも確保していきたいです。自動車保険安い見積もりを比較するなら