一人、好調な新横綱

大相撲春場所が始まっていますが、今場所から稀勢の里関が横綱に昇進したため四横綱時代に突入しました。場所が始まると初日からいきなり白鵬関と日馬富士関が負け、3日目にまた日馬富士関が負け、4日目には白鵬関と鶴竜関が負けてしまいました。その中でたった一人新横綱の稀勢の里関が連勝をキープしています。大関から横綱に昇進してわずかなのですが、風格が出てきて安定感も増してきたように感じます。テレビから横綱としての大きさが伝わってくるような気もします。まだまだ序盤なのでどうなるかは分かりませんが、少し前から自信に満ちた姿が見受けられるので今場所もやってくれるのではないかなと思っています。
それにしても心配なのが白鵬関。稀勢の里関の所属する部屋へ出稽古の時に足の裏を切ってけがをしているようで、そのけがが悪化している様子です。足の裏だけではなく、表情も何だか覇気のない感じでいつもの白鵬関らしくありません。今後どうなるか見守っていきたいです。車買取相場ならネットですぐにわかる