自分の年齢マイナス?が本当の年齢?

先日、何かの記事でこんなことを言っていました。「現代人は、精神年齢が低く、実年齢から10歳引いた年齢がその人の年齢と思うべきである」ということでした。この証言がいまだに私の頭から離れません。この事実を喜ぶべきなのか、それとも悲しむべきなのか、なんとも複雑な思いです。とくに、都会に住んでいる人は、より精神年齢が低くなる傾向があると言っていました。なんとなく納得できます。確かに、TVを視聴していても、子供たちの手本となるべき年代の大人たちがあまりにも幼稚化しているなぁと思ったことは今までに何度となくありました。日本の大人に対して危機感を覚えましたね。ですから、この証言はある意味、的を得ているように思えます。40代なら30代の精神年齢、これはまだ「仕方ないなぁ」と思えますが、20代が10代の精神年齢と考えると、これはかなり厳しい日本の現況を反映しているような気がしますね。それでなくとも、一般的に日本の若者は海外の若者と比較すると、精神年齢が低いのは確かでしょう。しかし、大の大人までもが精神年齢が低いとなると、これはただ事では済まされません。やはり日本人は一般的に恵まれすぎており、ハングリー精神が諸外国に比較して低いのが原因のような気がするのですが、皆さんはどう思われますか。車売るんだけどどこで売ったら高くなるの?